矯正歯科の歯列矯正はどれくらい時間がかかる?

歯列矯正 矯正歯科は歯並びを改善する歯列矯正を、専門に行う歯医者さんです。
一般的な歯医者さんよりも歯列矯正治療の種類が豊富で、的確な施術を受けられる事から矯正歯科での治療を選択する方も少なくありません。
口元のコンプレックスを解消できる歯列矯正治療ですが、正確に歯の位置を正しい位置へと戻していく必要があるので、どうしても治療完了までには時間がかかってしまいます。
治療を受ける際は、どれくらいの時間がかかるのかある程度、確認するようにしましょう。

治療完了までにかかる時間は施術方法によって変わります。
金属製のワイヤーや矯正器具を歯の表面に装着する「メタルブラケット」という施術法の場合は1年から3年程度の間、矯正器具を使った治療を続けるのが特徴です。
少しずつ時間をかけて、ゆっくりと歯を正しい位置へと移動させる必要があるので、1年か3年という時間がかかってしまいます。
金属製の矯正器具を使う歯列矯正よりも、少し時間がかかってしまうのがマウスピースを使った治療法です。

矯正歯科では透明なマウスピースを歯に装着し、歯並びを改善する歯列矯正治療も行われています。
インビザラインやクリアアライナーといった治療法です。
メタルブラケットの場合、口を開けるとどうしても金属の矯正器具が目立ってしまうという難点がありました。
一方、インビザラインにクリアアライナーといった治療では、透明なマウスピースを装着するので、一見すると歯の矯正治療を受けているとは分かりません。
外見が良いという事からインビザラインやクリアアライナーとった、治療法は大人の方に選ばれているようです。

治療期間もワイヤーを使う施術と同じく、約1年から3年程度となっています。
ただし歯列矯正を受けるにあたり、覚えておきたいのが「保定期間」です。
矯正治療によって動かした歯は、治療を止めると元の位置へと戻ろうとする力が働きます。
歯並びがキレイになったからといって治療を止めてしまうと、また元の状態に戻る危険性があるので注意が必要です。

ワイヤーを使うメタルブラケットもマウスピースでの治療でも保定期間といって、歯の後戻りを防ぐリテーナーという器具を装着する必要があります。
この保定期間が完了するまでにかかる期間は、約1年から2年程度です。
最終的に歯列矯正の治療が終わるまでには、約2年から5年程度かかるでしょう。
歯並びを良くするには長期的な治療が必要という事を考慮して、施術を受けなければいけません。